« 2010年8月 | トップページ | 2011年4月 »

2010年9月

2010年9月10日 (金)

長崎旅行編 最終話 寄り道

さて、今回が最後の長崎旅行編です。

最後は浜の町に精霊流しを見に行きました。

ものすごい爆竹の音、音、音でした。

Dsc04390

長崎のお盆はお墓で花火をします。

とても賑やかです。

どうして他府県ではお盆はしんみりとやるのか?

こんな賑やかなお盆があってもいいかなsign02

と、最近思うようになりました。

Dsc04380

30年前の秘密の場所で捕まえたミヤマクワガタとノコギリクワガタです。

無理かなと思っていましたが、30年前と少しも変わらずその木はありました。

蹴った途端にボタボタボタボタ~といっぺんに落ちてきました。

息子の勇ましい喜び声が林中に響き渡りました。

取れてよかった、親父の面目も躍如といったところでしょうか。

Dsc04403

帰りは山口で一泊して錦帯橋を見に行きました。

きれいな川ですね。

透き通った川にドボンと飛び込みたかったくらいです。

吉川資料館にも立ち寄り、白ヘビ様もみてきました。

世にも珍しい白ヘビでしたが、舌をチロチロするとやっぱり怖かったですcoldsweats02

Dsc04410

今年の夏の旅はこれでお終いsign03

とても暑くてしんどかったですが素晴らしい思い出ができて本当によかったです。

大きなトラブルも事故もなかったし。

さて来年はどこに行こうかなhappy01sign03

メタボリックマン

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2010年9月 1日 (水)

長崎旅行編 第4回 孔子廟

今回は一番の目玉、孔子廟です。

自分の中では一番と言うことですが・・・。

近代化が押し進められている中国ではこのような場所は少ないかもしれません。

(中国に行ったことはありません、自分の中のイメージです。すみません。)

Dsc04347 Dsc04348

入場料が大人¥600かかります。

Dsc04350

この門をくぐると、まず孔子のお弟子さんの石像がお出迎えです。

お弟子さんは確か百人を超えていたと思います。

一つ一つ見たかったけど、時間の都合で無理でした。

Dsc04353

そして孔子廟が。

全て赤で統一されています。

屋根は黄色、中国では黄色は高貴な色とされていたと記憶しています。

正直感動しました。

中には観光ガイドの方がおられ、中国式の参拝や歴史、文化などを教えていただきました。

この奥に、中国歴代博物館があります。

北京故宮博物館と同じもの展示されており、その精巧かつ緻密さには圧倒されました。

感動に感動を呼び、満足度100%の孔子廟でした。

Dsc04359 Dsc04358

しかし、残念ながらこの廟は1945年8月の原爆によって倒壊し、1967年に今の華南文廟式に修復されたことを後から知りました。

残念でなりませんでしたが、長崎の観光建築物はほとんど原爆の被害を受けているんですよね。

Dsc04365

最後に、この孔子廟の近くにオランダ坂があります。

急で険しいただの坂道でしたが、タクシーのクラッチが焼ける匂いが常にしていました。

Dsc04366

メタボリックマン

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年8月 | トップページ | 2011年4月 »